FC2ブログ

2019-08

Latest Entries

入会案内

大宮郷土史研究会入会案内

大宮郷土史研究会は、主としてさいたま市の旧大宮市域を中心とした歴史の調査研究、講演会、会員の研究発表会、見学会を実施し、また機関誌「大宮の郷土史」等を発行している団体です。
歴史に興味をもち、趣旨に賛同される方は どなたでも入会できます。
入会を希望される方は会事務所にご連絡ください。
   会事務所  〒337-0053 さいたま市見沼区大和田町2-663 織本方
           電話 080-6599-2663
           メール番号 s-orimoto@nifty.com
1.活動の内容
 ① 原則として月2回程度の例会 (研究発表等)・講演会・学習会
 ② 月1回程度の見学会
 ③ 調査
 ④ 機関誌「大宮の郷土史」の発行
 ⑤ 連絡誌「あしあと」の発行

2.年会費
   年会費 4,000円
   会計年度は 毎年4月1日から
   翌年3月31日まで
   10月以降入会者はその年度は
   会費2,000円
スポンサーサイト



2019年度事業計画

全文を表示 »

公開講演会のお知らせ

平成30年度・大宮郷土史研究会・第5回公開講演会

江戸時代の村絵図を読み解く~浦和博物館所蔵資料から~

日 時:2019年2月3日(日)午前10時~12時
講 師:雨宮正人氏(浦和博物館学芸員)
  場 所:高鼻コミュニティセンター・大会議室( 大宮氷川神社東側・蕎麦屋「大村庵」隣)
  資料代:500円
  定 員:100名
  申込み:通常ハガキに講演会名・名前・住所・電話番号をご記入の上、
        〒337-0042さいたま市見沼区南中野1183-10 斉藤文孝 宛へ
        返事は差し上げません。当日おいで下さい。
        問合せ 090-4965-8275・斉藤文孝

平成30年度後期の活動

全文を表示 »

平成29年度後期の活動予定

10月 1日(日) 8:00 見学会  中氷川・奥氷川神社 案内斉藤・山田貴・山本会員
10月19日(木)18:00 例会   見沼新田売買出入証文を読む 山田貴和会員 
11月 5日(日)10:00 例会   普門院に眠る旗本小栗氏 織本重道会員
11月19日(日)10:00 講演会 盆栽村の成立を考える 
                      盆栽美術館学芸員 林進一郎氏
11月26日(日) 8:00 見学会 見沼 中川・上山口新田を歩く 山田貴和会員
12月 3日(日)10:00 講演会  中山道と大宮宿の栄枯盛衰
  県立文書館長 杉山正司氏
12月21日(木)18:00 例会  あんなこと こんなこと2
   ①大宮公園の思い出 飯塚 裕会員 
  ②尾ヶ崎・笹久保地区の夏祈祷 河田捷一・斉藤文孝会員
 1月14日(日) 9:00 江戸東京散歩 本所界隈を歩く 山田貴和会員
 1月18日(木)18:00 例会  あんなこと こんなこと3
   ①太郎を捜せ 須永 仁会員
   ②氷川神社境内薬業懇話会奉納の燈籠寄進者 多々良茂会員
 2月 4日(日)10:00 講演会 さいたま市周辺の三間仏堂 青木義脩顧問 
 2月15日(木)18:00 例会  江戸時代利率さまざま 豊嶋伸行会員 
 2月25日(日) 9:30 見学会 石井桃子と浦和 案内 小林 達会員
 3月 4日(日)10:00 講演会 明治天皇氷川神社行幸と地域との関わり
歴史と民俗の博物館学芸員 中村陽平氏
 3月15日(木)18:00 例会  あんなこと こんなこと4
   ①二人の見性院 小松崎鎭雄会員 
 ②心に刻まれた石塔 諸橋一久会員
 3月25日(日)10:00 見学会 古中山道を歩く 織本重道会員

«  | HOME |  »

大宮郷土史研究会とは?

大宮郷土史研究会

Author:大宮郷土史研究会
大宮郷土史研究会は、主として埼玉県さいたま市の旧大宮地区を中心に、歴史の調査研究、講演会、見学会、会員研究発表会等を行い、機関誌「大宮の郷土史」等を発行している団体です。
会則に賛同される方はどなたでも参加できます。

 

ご連絡・お問合せ

大宮郷土史研究会へのご連絡・お問合せのメールはこちらからお願いします。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

 入力したら【確認】ボタンを押して下さい。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

 

月別アーカイブ

最近のトラックバック

 

 since 2006/5/17

RSSフィード

ブログ内検索

 

 

リンク