2015-12

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会 「本多静六博士と大宮公園」

公開講演会 参加者募集
「本多静六博士と大宮公園」
久喜市(旧菖蒲町)出身の本多静六博士(1866~1952)は、日本最初の林学博士として日本の造林学・造園学の基礎を築いた人です。博士の活躍は林学にとどまらず、植林・造園・産業振興など多方面にわたりました。特に東京の日比谷公園、明治神宮の森を始め、さいたま市の大宮公園など、日本各地を代表する数百にも及ぶ公園の設計に携わったことから「日本の公園の父」と呼ばれています。
今回は、久喜市文化財保護課の栗原史郎先生に、本多静六博士の人物像、博士が手がけた大宮公園等について講演していただきます。
日 時 2016年2月7日(日) 13:30~15:30
会 場 さいたま市立桜木公民館レクリエーションホール
参加費 500円(資料代等)
参加申し込み メールで、s-orimoto@nifty.com
先着順 80名


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

大宮郷土史研究会とは?

大宮郷土史研究会

Author:大宮郷土史研究会
大宮郷土史研究会は、主として埼玉県さいたま市の旧大宮地区を中心に、歴史の調査研究、講演会、見学会、会員研究発表会等を行い、機関誌「大宮の郷土史」等を発行している団体です。
会則に賛同される方はどなたでも参加できます。

 

ご連絡・お問合せ

大宮郷土史研究会へのご連絡・お問合せのメールはこちらからお願いします。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

 入力したら【確認】ボタンを押して下さい。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

 

月別アーカイブ

最近のトラックバック

 

 since 2006/5/17

RSSフィード

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。