2016-01

Latest Entries

2月の活動予定

2月7日(日)
講演会   本多静六博士と大宮公園
久喜市(旧菖蒲町)出身で、市名誉市民の本多静六博士(1866~1952)は、日本最初の林学博士として日本の造林学・造園学の基礎を築いた人物です。博士の活躍は林学にとどまらず、植林・造園・産業振興など多方面にわたりました。特に東京の日比谷公園、明治神宮の森を始め、さいたま市の大宮公園など、日本各地を代表する数百にも及ぶ公園の設計に携わったことから「日本の公園の父」と呼ばれています。
今回の講義では、本多静六博士について紹介するとともに、博士が手がけた大宮公園について概観します。
この講演会は一般公開です。
講 師  栗原史郎先生(久喜市文化財保護課)
会 場  さいたま市立桜木公民館レクリエーションホール(シーノ大宮センタープラザ6階)
時 間  13:30~15:30
参加費(資料代等)  500円
申込み  織本重道へ携帯080-6599-2663


2月20日(土) 見学会    見沼散策 大間木から木曽呂、芝川第一調節池へ
寛文7年(1667)に本殿を大宮氷川神社買い受けたという大間木氷川神社、保科正之を育てた見性院の墓のある清泰寺、伊奈忠治が見沼溜井を作るために築いた八丁堤、見沼通船堀と船割役鈴木家住宅、水神社、埼玉県で最も古いといわれる木曽呂の富士塚、氷川女体神社御船祭御旅所四本竹遺跡のあった芝川第一調節池などを巡ります。
案 内  織本重道会員
集 合  JR武蔵野線 東浦和駅改札口外 9:00 小雨決行
コース  東浦和駅…赤山街道…大間木氷川神社…清泰寺…附島女体神社…稲荷神社…水神社…見沼通船堀…稲荷神社…木曽呂富士塚…芝川第一調整池…東浦和駅
歩行距離 約6㎞
参加費  500円(交通費・昼食代等各自)
昼 食   木曽呂富士塚そばの、そば処はすみ
申込み  織本重道会員へ携帯080-6599-2663

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

大宮郷土史研究会とは?

大宮郷土史研究会

Author:大宮郷土史研究会
大宮郷土史研究会は、主として埼玉県さいたま市の旧大宮地区を中心に、歴史の調査研究、講演会、見学会、会員研究発表会等を行い、機関誌「大宮の郷土史」等を発行している団体です。
会則に賛同される方はどなたでも参加できます。

 

ご連絡・お問合せ

大宮郷土史研究会へのご連絡・お問合せのメールはこちらからお願いします。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

 入力したら【確認】ボタンを押して下さい。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

 

月別アーカイブ

最近のトラックバック

 

 since 2006/5/17

RSSフィード

ブログ内検索

 

 

リンク